みんなちがってみんないい めーぷる保育園
森のようちえん めーぷるキッズ
HOME > もあな保育園とは?

もあな保育園についてご紹介します。

コンセプト

CONCEPT 01. 森のようちえん

森のようちえんには様々なスタイルがあります。 ドイツの森のようちえんは園舎を持たず、毎日森へ出かけていくスタイルです。日本では自然環境の中での幼児教育や保育を、森のようちえんと呼びそのスタイルは様々です。

園舎を持つようちえんも、園舎を持たないようちえんもあります。スタイルはいろいろありますが、共通しているのは自然の環境の中での幼児教育と保育です。

そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えや考え方を強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じ、そして引き出すようなかかわり方をしています。

CONCEPT 02. 食育

食育ポリシー その1:給食

給食は生活クラブ生協及びオーガニックマーケットより取寄せた厳選素材です。無添加・無着色・遺伝子組み換えなどを行っていない。極限に農薬を使わない野菜などを使用しています。食事も和食を多く取り入れ、栄養価の高く、健康的な給食つくりを目指しています。

食育ポリシー その2:畑と旬な食材

当園では、畑を運営しており季節の野菜をできる限り調達する他、子ども達の活動の中でも苗植え・水やり・収穫など実際に野菜と触れる機会をつくることにより食物への感謝の意や関連性を学びます。

CONCEPT 03. 木育

「木育」とは?

木材を利用してゆくための単なる普及活動に留まるものではなく、木材を利用することを通じて、「産まれた時から老齢に至るまで木材に対する親しみをもつこと」、「木材の良さや特徴を学び、その良さを活かした創造活動を行うこと」がこども成長の中で必要であると考えています。

木のおもちゃ・天然無垢材の内装作り・木の実や枝などの自然物クラフトなどこれらを通じて、様々な素質を持った人間(例えば、森林育成活動へ参画する人間や自然環境及び生活環境について自ら考え行動できる人間など)を「育む」きっかけとなる活動であると位置づけられる。

保育理念

1. Sharing Nature
 自然を共に分かちあおう!

自然の中で遊ぶことは、こども達の感性や感覚を養うため上で必要不可欠なものです。子ども達は自然の中で「気づきや発見」を繰り返し成長していきます。私たちは子ども達と共に自然を分かちあいながら、こどもの成長を見守っていきます。

1年を通して、木の芽吹きや野花が咲く姿や匂い、木の葉や木の実など身近な自然の移り変わりから海や山など大自然の雄大さを感じる瞬間など様々な自然環境を感じ、体験することで自然への敬愛や多くの感性を育んでいきます。

自然環境の中で遊ぶことは、デコボコな道を歩いたり、急な坂や木登りなど自然態であそぶことや、自然の中で生きる動植物の姿や森の中で過ごす空間は健康なカラダや豊かな感性を育てます。

自然の中で遊ぶ中では危険なことも沢山潜んでいます。小さなケガを沢山繰り返すことで大きなケガを予防します。自然の力と伴う危険を理解、自らが危険を回避できる能力をつけていきます。

2. Family Growing Together
 子どもも親も先生もみんな一緒に育ちましょう!

少子化、幼児虐待,性犯罪など、子どもに関するさまざまな問題の解決を考える上で、私たちは「親」の可能性に注目しています。 核家族化や都市化の影響で、孤独で息抜きができないような状況で子育てをしている親が増えています。たとえ親子であっても24時間ずっと顔をつきあわせていてストレスを感じない人などいないでしょう。そんな親のストレスを子どもは敏感に察知しそれが子ども自身の情緒不安定の一因となります。 園内でも保育者と親とのコミュニケ—ションやワークショップを通じて親が「自信」と「仲間」を得ることができ、子育てがもっと楽しいものになります。 自信に満ちた親や回りの大人達との関わりが、子どもの社会性を育む上で重要であると私たちは考えます。 「遊び」を通して、子どもだけでなく大人も成長していくものと考えます!一緒に遊び・一緒に育ちましょう!

3. Play a lot
 とことん遊びつくそう!

こどもは「あそび」が仕事です。こどもは遊びを通して成長します!我々はこども達が無条件にあそべる環境をつくりだします。子ども達の自己肯定感を大切にしつつ、成長を見守っていきます。

子ども達は何時の時代もどんな環境に生まれた子の沢山遊んできました。子どもにとっての遊びは子どもが生まれながらにして持っている能力引き伸ばすのに欠かせないものです。 大人が仕事をすることが必要不可欠のように子どもには遊びが必要不可欠なのです。

子どもは遊びを通して友達といろいろ考えだし、やりたいことを出し合い自分を表現します。また遊びは本能的なものであり強いられてするものでなく、ひとりでに湧き出てくるものです。(自己探求する力)さらに身体やココロや感情や社会性を発達させます。

基本情報

名称もあな保育園(横浜市認定 横浜保育室)
運営団体 NPO法人 もあなキッズ自然楽校
住所〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-10 ルモーデセンター北 1F
TEL 045-342-8389(事務局)
FAX045-511-8222(事務局)
E-mail info@moanakids.org
スタッフ数
【 内訳 】
10名(2011年4月1日現在)
【正職員4名、パートスタッフ6名】

>> Googleマップで確認する
           
Copyright (C) もあな保育園. All Rights Reserved.